MISCA認定更新手続き

MISCA・認定更新手続き

 以下に、MISCAの認定更新の手続きを示します。MISCA補の更新手続きは、こちらを参照願います。 → MISCA補認定更新手続き
 詳細は、公認医療情報システム監査人(MISCA)認定更新規程に明示しますので必ずご一読下さい。


MISCA・認定更新の条件

 認定の有効期間内に所定の認定更新実績(監査実績、及び保健医療福祉分野の実務経験)を満たした人が対象です。

  • 監査実績
    監査の実績に係る認定更新月数は、24月/3年以上です。監査実績に係る実績月数一覧をご参照下さい。
  • 保健医療福祉分野の実務経験
     保健医療福祉分野の実務経験の確認は、申請前直近3年間における保健医療福祉分野の実務経験(3年以上)の有無により行います。ついては、以下のいずれかを満たす必要があります。
  1. 医療機関、健診機関、介護施設等の勤務経験
  2. 医療情報システムのベンダー等、上記以外での、保健医療福祉関連業務の担当経験
  3. 医療情報技師資格の保持
  4. その他、上記要件と同等以上の実務経験があると本協会が認める場合

MISCA・認定更新申請の時期(受付期間)

 認定更新申請は、認定満了日の3ヶ月前~1ヶ月前の間に、下記の書類を本協会に提出します。ただし、認定満了日から1ヶ月は猶予期間として申請を受理します。以降は無効となります。

MISCA・認定更新申請に必要な書類

  1. (様式1)公認医療情報システム監査人・認定更新申請書。
  2. (様式3)保健医療福祉分野の実務経験証明(在職証明)。または、医療情報技師の認定証
  3. (様式4)監査実績証明書(実施のエビデンスを貼付。ただし監査報告書などの本文全体の提出は不要)。

更新申請(様式1~4)一括ダウンロード

MISCA・認定更新申請手続きの流れ

  1. 申請者より事務局へ申請書類の送付
  2. 事務局にて認定更新審査
  3. 事務局から申請者に合否連絡
  4. 手数料等の納付
  5. 申請者より顔写真の送付
  6. 事務局より新認定書の送付

更新申請書類の送付先

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂一丁目1番地 三幸ビル2F
一般社団法人医療情報安全管理監査人協会・宛
    MISCA認定更新申請・在中

MISCA・認定更新手数料等(税込み)

種別認定更新審査手数料登録手数料
会員非会員会員非会員
MISCA¥7,000¥12,000¥5,000¥8,000

*会員:入会について

  • 審査手数料及び登録手数料は、認定更新審査合格連絡から1ヶ月以内に納付する。手数料の納付を確認後、認定カードの発行を行う。
  • 認定更新と登録は一体であり、個別申請はできない。

FAQ

Q1 MISCA・認定更新に際して、監査実績の書類は、監査報告書の写しで良いですか?

  • 監査報告書には、組織の秘密も記録されていますので、監査報告書そのものは不適切です。監査実績は、申請者が監査に関与したことが確認できれば良いので、監査報告書等で申請者の氏名が記録されたページの写しを提出願います。できれば、さしつかえない範囲で監査日時、対象、テーマ等が確認できるページの写しもあることが望ましいです。

Q2 MISCA・認定更新に際して、初回認定時に実施した面接はあるのですか?

  • 面接は行いません(小論文も不要です)。監査実績等は書類で確認しますので、提出書類に疑義があれば電話やメールで問い合わせることがあります。

Q3 MISCA・認定更新に際して、更新要件を満たせない場合は、即失効となりますか?

  • MISCAは失効となりますが、監査実績の認定要件を、MISCA補の更新要件に充当することができます(1月を1ポイントと見なす)。従って事情により監査実績を積めなかった場合でも諦めずに、早めにMISCA補への更新に切り替えることが望ましいです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional